大阪府は29日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、第2波に備え感染状況を把握する独自基準を見直すことや、クラスター(感染者集団)対策を強化することを決めた。吉村洋文知事は会議後記者団に、今後の外出自粛や休業要請の在り方も含め「7月中旬くらいまでに戦略を確定したい」と述べた。
 感染拡大の兆候を正確に察知できるよう、休業要請などを判断する独自基準「大阪モデル」は修正する。これまで設けていた経路不明の感染者数の推移に加え、増加傾向をつかむ新たな指標として「7日間の感染者数が合計120人以上で、後半3日間で半数以上」を加える案を示した。 (C)時事通信社