加藤勝信厚生労働相は30日の閣議後記者会見で、成田空港で新型コロナウイルスに関する検疫に時間がかかり、折り返し便の出発が制限時間帯にずれ込んだとして、「航空会社に協力してもらいながら、円滑な検疫実施に努力したい」と述べた。今後の入国緩和措置を見据えたPCR検査能力の拡充を図る考えも示した。 (C)時事通信社