厚生労働省は1日、4月の生活保護申請件数が2万1486件(速報値)だったと発表した。2万件を超えたのは3月に続き2カ月連続で、前年同月と比べると24.8%増だった。4月は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府が緊急事態宣言を出し、各都道府県が事業者に休業を要請していた。厚労省は「休業に伴う雇用情勢の変化が影響している可能性がある。今後さらに増加することも予想される」と指摘している。
 4月に新しく受給を開始した世帯は1万9362世帯で、前年同月比14.8%増だった。1万9000世帯を超えたのは2017年3月以来。 (C)時事通信社