富士フイルムは1日、新型コロナウイルス感染症治療薬として期待される抗インフルエンザ薬「アビガン」の海外展開に向け、インド製薬大手を含む2社と提携したと発表した。現地製造を認めたり、販売権を付与したりする契約を結び、世界的な需要増に対応した供給体制を整える。
 富士フ子会社でアビガンを開発した富士フイルム富山化学(東京)が、後発医薬品製造などを手掛けるインド大手ドクター・レディーズ・ラボラトリーズと契約。ドクター社は富山化学から、これまでの臨床試験データや製造特許の供与を受け、インド・中東地域を中心にアビガンの臨床試験を重ね、製造も担う。契約額は非公表。
 また、富山化学は、アラブ首長国連邦(UAE)を拠点に幅広く供給網を持つ医療物資販売大手グローバル・レスポンス・エイドにアビガンの販売権を付与。中国とロシアを除く提携先販売網を活用しながら供給体制の確立を急ぐ。 (C)時事通信社