【ベルリン時事】ドイツ政府は1日、日中韓やカナダなど新型コロナウイルスの流行が抑えられている欧州外の11カ国について、2日から入国制限を解除すると発表した。うちドイツからの入国を制限する日中韓からは、この制限を撤廃した場合に限るとした。
 日本は、邦人や日本の在留資格を持つ外国人を除き、ドイツからの入国を拒否している。
 欧州連合(EU)は6月30日、制限の解除対象とする15カ国を選定。ただ、実際に渡航を受け入れるかは、各加盟国の決定に委ねられた。 (C)時事通信社