新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、児童養護施設や里親家庭などで育った人の47.5%が「絶望的な気持ちになった」と訴えていることが2日、NPO法人「IFCA」(東京)の調査で分かった。
 調査は5月25~31日、養護施設などで育った経験のある人を対象にインターネットで調査。16~39歳の男女215人から回答を得た。
 その結果、30.2%が「収入が不安定になった」と回答したほか、21.9%が「現在お金に困っている」と経済的な困窮を訴えた。「落ち込んだり、うつっぽくなったり、絶望的な気分になった」と答えた人は47.5%に上った。
 一方で、「相談や支援を受けられるケースワーカーや養護施設職員らがいる」との回答は20.9%にとどまった。多くの問題をほぼ自分だけで解決しているという人も30.2%に上り、身近に頼りになる人が少ない実態も明らかになった。
 調査に関わった神戸女子短期大の畠山由佳子准教授(児童福祉)は「コロナ禍で家族のつながりを強調される中、心理的な負担を感じる人も多い。もともとの生活や家族基盤のもろさにより、大きな影響を受けている」と話した。 (C)時事通信社