【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク市は1日、予定した6日からの飲食店の屋内営業再開を延期すると明らかにした。西部カリフォルニア州も1日、州内19郡でレストランなどの屋内営業を停止すると発表。西部と南部を中心に新型コロナウイルスの感染者が急増する中、経済活動の規制緩和を足踏みする動きが相次いでいる。
 一時感染の中心地だったニューヨーク市はピークを過ぎたが、他州で飲食店から感染が広がる事態が相次いだことから、方針を転換。ニューヨーク州のクオモ知事は「再開が賢明と判断できるまで延期する」と述べた。州内ではニューヨーク市だけが延期となる。
 カリフォルニア州のニューサム知事は、19郡でレストランのほか、ワイナリーや映画館、博物館などの屋内営業が停止されると発表。バーは全面休業となった。期間は少なくとも3週間。19郡の人口は州の7割を超える。南部フロリダ州のマイアミビーチ市は未明の外出を禁止した。 (C)時事通信社