立憲民主党など4野党は2日、国対委員長会談を開いた。東京都内で新たに107人の新型コロナウイルス感染が確認されたことを受けて、政府と都による新たな対応が必要との認識で一致した。
 この後、立憲の安住淳国対委員長は記者団に「安倍政権は経済にアクセルを踏み込み、医学的見地からの感染症対策を軽んじている」と指摘。今後も感染者が増加すれば、安倍晋三首相に閉会中審査への出席を求める考えも示した。 (C)時事通信社