ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から筋肉の再生能力を持つ「骨格筋幹細胞」を作ることができたと、京都大iPS細胞研究所などの研究チームが発表した。マウスに移植したところ、筋肉の収縮力が向上する効果が得られたという。
 研究チームは、全身の筋力が低下する難病の筋ジストロフィーの治療に生かせる可能性があるとしている。論文が3日、米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に掲載される。 (C)時事通信社