【ニューヨーク時事】米南部テキサス州のアボット知事は2日、新型コロナウイルスの感染者急増を受け、公共の場所でのマスク着用を義務化する知事令を出した。アボット氏は「マスク着用は新型コロナ拡散を遅らせる最も効果的な方法の一つであることが証明されている」と訴えた。
 アボット氏は以前、マスク着用の義務化に消極的だったが、感染急増を受け方針転換した。
 州内で20人以上の感染者が確認されている郡が対象で、他者との距離を取るのが難しい場合のマスク着用が義務となる。違反した場合、1回目は警告、2回目以降は最大250ドル(約2万7000円)の罰金が科される可能性がある。 (C)時事通信社