東京都は4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに131人確認されたと発表した。1日当たりの感染者数が100人を超えたのは2日(107人)、3日(124人)に続き3日連続で、都内で確認された感染者は累計で6654人となった。
 都によると、131人のうち20~30代が98人と約7割を占めた。また62人が接待を伴う飲食店など「夜の街」で感染したとみられ、52人が新宿、2人が池袋の繁華街だった。25人は新宿のホストクラブを対象とした集団検査で感染が判明した。
 また4日までに、武蔵野市の私立幼稚園で職員と園児計5人の感染が確認された。都によると、都内の子どもが集まる施設でクラスター(感染者集団)が発生したのは初めて。
 国内では4日、東京都の131人を含め、274人の感染者が判明した。5月3日以来、2カ月ぶりに200人を超えた3日(249人)を上回り、緊急事態宣言解除後最多を更新した。
 鹿児島県では、34人の感染者が確認された。うち30人はクラスター(感染者集団)が発生した鹿児島市のショーパブの従業員や客、その濃厚接触者らで、同店関係の感染者は計67人となった。 (C)時事通信社