【ビジネスワイヤ】医療技術のジーエヌコーポレーション(GNC、山梨県甲府市)は、提携するJBM(東京都江戸川区)が男性尿道狭窄(きょうさく)の治療法で特許を取得したと発表した。同治療法は、患者の頬粘膜を採取・培養後、高分子足場材にカプセル化したものを病変部に移植する複合細胞療法。全身麻酔の必要がなく、痛みが少ないほか、デイケア処置が可能など、患者の負担軽減が見込まれる。JBMでは、この治療法の大規模な多施設試験を計画している。(C)時事通信社