【シドニー時事】オーストラリア南東部ビクトリア州政府は7日、急増する新型コロナウイルスの感染を防止するため、同国第2都市メルボルンを対象に外出規制を再び導入すると発表した。期間は8日深夜から6週間。
 州内では7日、191人の新規感染者が見つかり、前日の127人から急増した。メルボルンが感染の中心地で、南半球の本格的な冬を迎えて第2波への懸念が高まっている。アンドリュース州首相は記者会見で「これ(コロナ禍)は終わっていないと、お互いに明確にする必要がある」と強調した。
 メルボルンの人口は約500万人と国全体の約2割を占める。豪州全体では感染が落ち着いていたため、今月にかけて段階的に制限措置を緩和していた。外出規制の再導入を受けて、生活必需品の買い物や仕事、運動などを除き、原則的に在宅が義務付けられる。飲食店は営業が持ち帰りに限定されるなど経済活動も制限される。
 これとは別に、7日深夜からは隣のニューサウスウェールズ州との州境も約100年ぶりに閉鎖。豪州はビクトリア州を「陸の孤島」として、感染の封じ込めを図りたい考えだ。 (C)時事通信社