【ビジネスワイヤ】ヘルスケア機器のPHCホールディングス(PHCHD、東京都港区)は、シンガポールの販売代理店SciMed(Asia)に対する出資比率を70%に引き上げて連結子会社化したと発表した。PHCHDは30年近くにわたり、SciMedを東南アジアとインドにおけるライフサイエンス事業の主要販売代理店と位置付けてきた。今回の連結子会社化により、インドなどでの新たな市場機会を取り込んでいく。(C)時事通信社