菅義偉官房長官は8日の記者会見で、米国が世界保健機関(WHO)脱退を国連事務総長に正式通知したことについて「コメントは差し控えたい」と述べた。その上で、新型コロナウイルス感染症をはじめ保健分野で米国と引き続き連携していく方針を表明。WHOによる一連のコロナ対応については、「今後同様の事態に備えるためにも(コロナの)収束後、速やかに公平で独立した包括的な検証を行っていきたい」と改めて強調した。 (C)時事通信社