エーザイは8日、米バイオ医薬品大手バイオジェンと共同開発しているアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」について、米食品医薬品局(FDA)への新薬承認申請が完了したと発表した。アルツハイマー病は現在、有効な治療薬がなく、アデュカヌマブが承認されれば世界初となる。
 両社の臨床試験では、高用量を投与した被験者で認知機能の低下が抑制された。アルツハイマー病の患者の脳内に沈着する「アミロイドベータ」という物質についても、減少が確認された。 (C)時事通信社