厚生労働省は9日に開いた社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の企業年金・個人年金部会で、個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)制度の一部見直し案を示した。将来の給付額が決まっている確定給付企業年金(DB)に加入している会社員(約940万人)を対象に、拠出上限額を月2万円に引き上げる内容。早ければ2022年度下期に導入する計画だ。
 DB加入者のイデコ上限額は現在、月1万2000円。公的年金の将来の給付水準に不安が広がる中、私的年金の制度充実を図り、自助努力を後押しするのが狙い。 (C)時事通信社