【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日、記者会見し、WHOや国際社会の新型コロナウイルスへの対応を検証する独立パネル(委員会)を設置すると発表した。検証作業については5月の総会で各国が合意しており、パネル設置で具体的作業が始まる。
 パネルは11月に再度開かれる総会で、中間報告を提出。来年5月の総会で最終報告を行う。共同議長には、ニュージーランドのクラーク元首相と、ノーベル平和賞受賞者のサーリーフ・リベリア前大統領が就任する。その他のメンバーは、今後決定する。 (C)時事通信社