【サンパウロ時事】ブラジル保健省は10日、新型コロナウイルス感染者の累計が180万827人、死者が7万398人となったと発表した。感染者数は前日から4万5048人、死者数は1214人増加した。ともに米国に次いで世界で2番目に多い。一方で、回復者も約108万人に上っている。
 新型コロナを軽視してきたボルソナロ大統領も7日に感染が判明し、自主隔離生活を始めたばかり。ボルソナロ氏は8日、大統領公邸から行ったネット演説で「私も65歳だが、感染から守らなければいけないのは高齢者や持病で免疫力が弱っている人々。その他の人はかかってもパニックに陥る必要はない」と述べ、経済再開を改めて主張した。 (C)時事通信社