沖縄県は11日、複数の新型コロナウイルス感染症患者が発生していた米軍普天間飛行場(宜野湾市)やキャンプ・ハンセン(金武町など)で、新たに45人の感染者が確認されたと明らかにした。7日以降の両施設での感染者数は計61人となった。
 記者会見した玉城デニー知事は「極めて遺憾。米軍の対策に対し、強い疑念を抱かざるを得ない」とコメントした。
 県によると、米軍は当初、感染者の数や行動履歴を公表しない方針だった。しかし、11日夜に玉城知事が公表などを強く要望し、米軍側が応じる形で感染者数が公表された。 (C)時事通信社