【ロンドン時事】英調査会社ユーガブが英国の成人男女に血液型を尋ねたところ、「知らない」という回答が55%に上った。日本では血液型による性格診断が雑談の話題として人気だが、英国では全く盛り上がらない話題となりそうだ。
 ユーガブの調査によると、年齢が若い人ほど自分の血液型を知らない割合が高く、18~24歳では81%に達した。25~49歳でも60%が知らなかった。調査は7月7日にインターネットを通じて行い、2873人が回答した。
 ABO式血液型は1900年、当時のオーストリア・ハンガリー二重帝国の病理学者カール・ラントシュタイナーが発見した。血液型による性格診断に科学的根拠はないとされている。 (C)時事通信社