菅義偉官房長官は13日の記者会見で、在沖縄米軍基地で新型コロナウイルス感染者が多数確認されたことに関し「米軍施設区域の医療機関と地元の保健所との間で必要な情報共有を行っている。引き続き在日米軍と連携して適切に対応したい」と述べた。
 菅氏は感染者について「米側からは、感染が確認された者が所属する部隊の全員に、積極的なPCR検査を実施した結果判明したという説明だ」と明らかにした。
 沖縄県への情報共有が十分でないとの指摘に関しては「多数の感染者が発生している特殊な状況を踏まえ、例外的に在沖縄米軍として県が公表することは妨げないということを受けて、県が公表している」と語った。 (C)時事通信社