豪雨災害の応援で熊本県に派遣された高松市職員の新型コロナウイルス感染判明を受け、蒲島郁夫熊本県知事は13日夜、臨時記者会見を開いた。避難者らに冷静な対応を呼び掛ける一方、他県からの応援職員らに事前にPCR検査を受けてもらうことなどを今後検討するとの考えを示した。 (C)時事通信社