【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日の記者会見で、新型コロナウイルスへの対応について多くの国が「間違った方向に向かっている」と批判した。各国の指導者に対し、ウイルス封じ込めへの明確なメッセージを発するよう訴えた。
 テドロス氏は、南北米大陸や南アジア、一部のアフリカ諸国で感染が急拡大している上、第1波を乗り切っても「その後に制限を緩和し、新たな感染拡大に苦しんでいる国」も多いと指摘。「あまりにも多くの国が、間違った方向に向かっている」と述べた。 (C)時事通信社