河野太郎防衛相は14日の記者会見で、沖縄県などの在日米軍基地で新型コロナウイルス感染者が多数確認されたことに関して、「(在日米軍の)感染拡大防止対策でいくつか問題があることが発覚した。われわれとしてはもう少し厳しく確認をやらせていただく必要がある」と述べた。具体的な問題点は明らかにしなかった。
 河野氏は「感染拡大の防止は日本の安全保障という観点から、わが国にとっても極めて重要だ」と強調。茂木敏充外相も会見で「米側に改めて感染防止のために厳格な措置を徹底するとともに、緊密に情報共有を図るよう申し入れた」と語った。
 外務、防衛両省は同日、在日米軍が新型コロナ対策のため利用している沖縄県内の民間ホテルに、沖縄県と合同で職員を派遣。感染症対策が適切に行われているかを確認した。 (C)時事通信社