【ニューヨーク時事】15日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスのワクチン開発への期待から、景気敏感株を中心に買いが入り、4営業日続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比227.51ドル高の2万6870.10ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は61.91ポイント高の1万0550.49で引けた。 (C)時事通信社