沖縄県の玉城デニー知事は16日、県庁で記者会見し、沖縄市在住の80代のタクシー運転手の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。「男性は日ごろから米軍基地関係者を乗車させていた」と述べ、米軍関係者から感染した可能性を指摘した。
 県は同日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)で新たに2人の新型ウイルス感染を確認したと明らかにした。県内の米軍基地での感染者は、累計で138人となった。 (C)時事通信社