政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会長の尾身茂地域医療機能推進機構理事長は16日の経団連夏季フォーラムに出席し、政府の旅行需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーンに関して、「旅行自体が感染を起こすことはない。新幹線でうつる可能性は極めて低い」と述べた。
 尾身氏は、感染が多いのは、大きな声で会話するようなレストランやホストクラブなどの「3密」になっている場所だと指摘。「『3密』の場所をできるだけ避けるとかなり(感染は)減る」と強調した。 (C)時事通信社