国内最大級の繁華街・歌舞伎町を擁する東京都新宿区は16日、ホストクラブ事業者などとの会合で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、23日からの4連休を控え、接待を伴う飲食店など「夜の街」約300店を戸別訪問することを決めた。吉住健一区長は冒頭あいさつで「このまま感染が続けば、休業要請をせざるを得なくなる」と危機感を示した。
 戸別訪問は20、21両日、区職員とホストクラブのオーナーなどが共同で実施。歌舞伎町内の接待を伴う飲食店約300店を巡回する。事業者に分かりやすいよう、区が独自に作成した対策チェックリストを配布し、感染対策への協力を呼び掛ける。 (C)時事通信社