愛知県警は16日、岡崎署の20~40代の署員3人と、同署に勾留していた20代容疑者、犬山署に勾留していた20代容疑者の計5人について、新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。
 5人はいずれも男性で、うち岡崎署の40代署員が入院中。この署員を除く警察官計58人が自宅待機している。
 県警によると、感染した岡崎署員らは、既に感染が判明していた別の20代容疑者の捜査に関わっていた。この容疑者は、新たに感染が判明した岡崎署の容疑者と一時、留置施設の同じ部屋にいた。
 犬山署の容疑者は、逮捕前に参加した飲み会で感染者と同席していた。 (C)時事通信社