新型コロナウイルスへの感染の有無を調べるPCR検査と抗原検査について、厚生労働省は17日、唾液を使った診断を無症状の場合でも認めると発表した。空港での検疫や感染者の濃厚接触者らが対象。東京都などで感染者増が続く中、検査体制の拡充を目指す。
 厚労省は両検査について、発症から9日目以内なら唾液を使うことを認めてきた。一方、無症状者は鼻の奥から粘液を採取して調べるが、この際、綿棒の刺激でくしゃみをしてウイルスを飛散させる恐れがあった。
 都内の無症状感染者を対象に、鼻粘液を使ったPCR検査と唾液を使った両検査を比べた結果、精度に大きな差がないことが確認された。加藤勝信厚労相は17日の閣議後会見で「唾液検査なら現場の負担も相当軽減できる」と期待を示した。 (C)時事通信社