神奈川県は17日、県内の新型コロナウイルスの新規感染者が増えていることを受け、「警戒アラート」を発動した。黒岩祐治知事は県民に対し、感染防止対策を講じていない施設を利用しないよう要請。同日の対策本部会議で「(県民と)意識共有をしないと乗り越えられない」と訴えた。
 県内の週平均1日当たりの新規陽性患者数が同日で33.43人となり、県の基準33人を超えたことからアラートを発動。県は事業者に対し、換気や消毒などの取り組みを明記した「感染防止対策取組書」の表示を徹底するよう改めて要請した。 (C)時事通信社