【ロンドン時事】エリザベス英女王は17日、新型コロナウイルス対策支援のため多額の寄付金を集めた退役軍人トム・ムーアさん(100)にナイト爵位を授与した。報道によると、女王が「多くのお金を集めてくれてありがとう」と謝意を示し、ムーアさんは「きょうは私にとって最も特別な日」と笑顔で語った。
 授与式はロンドン近郊ウィンザー城の庭で、「社会的距離」を取りながらの異例の形で実施。3月のロックダウン(都市封鎖)以降、女王が公の場で行う最初の公務となった。 (C)時事通信社