世界保健機関(WHO)は18日、世界の新型コロナウイルスの感染者が過去24時間で25万9848人増えたと発表した。1日当たりの新規感染者数としては過去最多を更新し、感染拡大を抑制できない状態が続いている。
 WHOの集計によると、世界の1日当たりの新規感染者数は今月4日の発表分で初めて20万人台に達して以降、20万人前後の高水準で推移。18日発表の新規感染者のうち米国(約7万1000人)、ブラジル(約4万5000人)、インド(約3万5000人)、南アフリカ(約1万3000人)の上位4カ国で6割以上を占める。
 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計では、世界の累計感染者数は1430万人を超え、国別では米国(約371万人)、ブラジル(約207万人)、インド(約107万人)、ロシア(約77万人)の順。死者は60万人を超えた。
 国別で最も多い米国の死者は19日、14万人を上回った。ロイター通信は「流行開始から隣国カナダの死者が計8800人なのに、米国は毎週5000人が死去している計算になる」と指摘した。 (C)時事通信社