【ソウル時事】朝鮮中央通信は20日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「平壌総合病院」の建設現場を視察したと報じた。日時は不明。正恩氏は「建設が非常に速い速度で進んできた」と評価した一方、資材供給などで「人民に負担をかけている」と叱責し、幹部全員の更迭を指示した。
 正恩氏は、視察で「建設連合常務」が「いいかげんな経済活動を行っている」と批判。「設備、資材の供給が政策から甚だしく脱線している。党のイメージに泥を塗りかねない」などと怒ったという。
 平壌総合病院は3月に着工式が開かれ、10月10日に迎える党創建75年までの完工を指示されている。新型コロナウイルス感染の中、人民生活の向上をアピールする正恩氏肝煎りの事業とされる。 (C)時事通信社