【ワシントン時事】トランプ米政権と議会の与党共和党執行部は20日、追加の新型コロナウイルス対策の本格協議に入った。失業給付や学校再開に向けた支援など、総額1兆ドル(約107兆円)を超える可能性がある。7月末までの実現を目指すが、野党との交渉は難航が必至だ。
 マコネル上院院内総務はホワイトハウスで「学校再開、雇用、医療(の支援)がテーマになる」と説明。トランプ大統領は、給与税減税は「極めて重要だ」と訴えた。 (C)時事通信社