加藤勝信厚生労働相は21日の閣議後会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限の緩和をにらみ、入国時の空港検疫体制について「9月中にも1日当たり1万件程度の検査が可能になるようにしたい」と述べた。現在のPCR検査に加え、抗原検査を組み合わせる方針という。
 厚労省によると、現在の空港検疫のPCR検査実施数は1日当たり約2300件にとどまる。外部検査機関への委託により、8月までに約4300件に引き上げ、さらに成田、羽田、関西の3空港などに設置予定の出入国者専用「PCRセンター」の活用により1万件程度の検査能力確保を目指す。 (C)時事通信社