新型コロナウイルス感染拡大を受け、熊本県水俣市と水俣病患者団体などでつくる実行委員会は21日、今年の水俣病犠牲者慰霊式の開催中止を決定した。実行委員会は「参加者に高齢の方が多い」などとして5月開催予定を延期し、実施時期を検討していた。市によると、中止は1992年の慰霊式開始後初めて。
 水俣市役所で21日開かれた実行委には高岡利治市長や患者団体などの委員ら計13人が出席。開催を見送る案に対して「小規模でも開催すべきだ」などの意見が出たが、投票の結果、8人が見送りに賛成したという。来年については、実行委で改めて開催の可否を検討する。 (C)時事通信社