東京都の小池百合子知事は22日、新たに230~240人程度の新型コロナウイルスの感染者が確認されたと明らかにした。都内の感染者は累計で1万人を超えることになる。過去2週間で約3000人増えており、感染拡大に歯止めがかからない状況だ。
 都内で初めて感染者が確認されたのは1月24日。1日当たりでは、緊急事態宣言が発令中の4月17日に206人となった後、いったん減少傾向に転じたが、6月中旬以降、再び増加。過去2週間はほぼ100~200人台で推移していた。 (C)時事通信社