東京都の小池百合子知事は22日、警視庁本部を訪れ、斉藤実警視総監と面会し、新型コロナウイルス感染拡大防止への協力を要請した。小池氏はこの後の記者会見で「警視庁と都庁が連携し、風俗営業の店に対する感染予防策の徹底を図ると話してきた」と説明。感染者が相次ぐ「夜の街」関連の店舗への立ち入りを含め対策を検討する。
 夜の街をめぐっては、菅義偉官房長官が「風営法に基づく立ち入りの機会に警察が感染防止対策の徹底の呼び掛けを行う」と発言。小池氏は会見で「風営法を根拠に感染症対策をするものではない」とした上で、「方法は検討中だが、主要な繁華街を手始めに速やかに実施する」と述べた。 (C)時事通信社