読売新聞大阪本社は22日、販売局に所属する40代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 同社によると、男性は12~17日に和歌山県に出張。18日に発熱し、PCR検査で21日に陽性が確認された。同社は男性と接触した和歌山県の販売店関係者を自宅待機とし、出張に同行した別の社員1人がPCR検査を受けたという。
 同社は「今後も保健所の指導の下、適切な取り組みを進めていく」とコメントした。 (C)時事通信社