【サンパウロ時事】ブラジル大統領府は22日、新型コロナウイルスに感染しているボルソナロ大統領(65)が、21日に実施したPCR検査で三たび陽性反応を示したと発表した。「経過は良好」という。ボルソナロ氏は7日に感染を公表。早期の通常職務復帰を望んでいるが、14日の再検査でも陽性となっていた。
 ボルソナロ氏は2週間にわたり大統領公邸で自主隔離生活を送っている。ただ、新型コロナ軽視の姿勢は相変わらず。「家にこもっているのは耐えられない」と退屈しているもようで、毎日のように庭を散歩し、放されているダチョウに似た大型鳥レアに餌をやったりしている。
 日課だった支持者との交流も再開。公邸敷地内の小さな堀を挟み、密集した市民と大声で会話を楽しんでいる。
 保健省は22日、累計感染者数が222万7514人、死者が8万2771人となったと発表した。ともに米国に次ぎ、世界で2番目に多い。感染者は1日で過去最多の6万7860人、死者は1284人それぞれ増加した。 (C)時事通信社