新型コロナウイルスの感染者と連絡が取れなくなる事例があったことを受け、厚生労働省は23日までに、保健所が必要と判断した場合、警察に行方不明者届を出して所在確認の協力を求めることを決めた。22日に都道府県などに通知した。
 厚労省や警察庁の通知によると、対象となるのは緊急連絡先に連絡がつかず、自宅や勤務先などを訪問しても行方が確認できない感染者。保健所長が感染拡大防止のため必要と判断した場合、警察に行方不明者届を出す。通知は、警察が不明者を捜す際、プライバシーに十分配慮することも求めた。 (C)時事通信社