【ロンドン時事】新型コロナウイルス対策のための店舗内でのマスク着用義務化が24日、英イングランドでスタートした。対象となるのはスーパーやショッピングセンター、銀行など。
 政府が23日発表した指針によると、レストランやパブなどでも飲食中以外や、テークアウトの場合は着用が必要。違反者は最大100ポンド(約1万3500円)の罰金を科されることもある。11歳未満の子供は対象外。
 ただ、小売店側の対応にはばらつきがある。報道によれば、大手スーパーのウェイトローズが、入店する客に着用を呼び掛ける一方、別の大手スーパーやカフェは「着用を強制するのは当局の責任」などとして特別な措置は取らない方針だ。 (C)時事通信社