【ワシントン時事】トランプ米大統領は24日、高額な処方箋薬の価格引き下げを促す四つの大統領令に署名した。安価な製品の輸入を認めるなど公表済みの提案が大半。新型コロナウイルスの感染防止をめぐる不手際で高齢者層の支持率が低下する中、再選に向けた演出の側面が強い。
 大統領令は、糖尿病治療に使われる米国製のインスリンについて、薬価が低いカナダなど外国からの再輸入を認める。また、製薬会社から安く仕入れた中間業者が高く売り付ける慣習も禁じた。
 トランプ氏は、高齢者・障害者向け公的医療保険(メディケア)を通じて提供される米医薬品が、輸出先で安く販売されていると批判。「米国の税金を使って開発された医薬品が外国の医療保険制度を支えている形だ」と主張している。 (C)時事通信社