西村康稔経済再生担当相は25日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて飲食店や劇場などに換気の徹底を促すため、建築物衛生法に基づく立ち入り検査の実施を全国で検討していることを明らかにした。
 政府は新型コロナ対策の特別措置法の改正を検討する一方、当面の対応として現行の法制度をフル活用する方針。風営法や感染症法による立ち入り調査や店舗名公表に着手している。
 西村氏は会見で、各地のクラスター(感染者集団)の発生原因について「一つの大きな要素として換気が悪いことが挙げられる」と指摘。「(建築物衛生法には)換気の基準を満たしているかどうか立ち入り検査できる仕組みがある」とした上で、「これが使えないか議論を進めている。できるだけ早く方向性を出したい」と述べた。 (C)時事通信社