加藤勝信厚生労働相は26日のNHK番組で、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している現状を踏まえ、「長期的な対応ができる医療提供体制をしっかりつくることが大事だ」と述べ、新型コロナ対応に特化した医療機関を増やす必要性を強調した。
 加藤氏は緊急事態宣言の発令後、医療従事者らの負担が続いているとした上で「急にできない部分はあるが、(新型コロナ対応の)専門病院や重点医療機関といった方向へ考えていかなければいけない」と指摘。感染者を重点的に受け入れる医療機関と通常の診療を行う医療機関とのすみ分けを進めることが必要との考えを述べた。 (C)時事通信社