米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者が日本時間26日、累計1600万人を超えた。1500万人を記録した23日から間を置かずに100万人増えた。世界保健機関(WHO)によれば、1日当たりの感染者数は28万人前後で推移しており、増加ペースが加速している。
 国別の感染者数上位は米国(約418万人)、ブラジル(約239万人)、インド(約139万人)など。世界全体の死者は計約64万人。
 ロイター通信の集計では、1日の感染者数で最多を記録したのは、過去1週間で約40カ国・地域に上る。米印やブラジルといった感染者数上位の国だけでなく、オーストラリアや日本、香港も含まれるという。 (C)時事通信社