第一三共は27日、英製薬大手アストラゼネカと抗がん剤抗体薬物複合体「DS-1062」について、開発・販売提携すると発表した。契約一時金として第一三共は10億ドル(1100億円)を取得、開発や販売達成度に応じて最大総額60億ドル(6600億円)を受け取る。 (C)時事通信社