富士フイルムは27日までに、子会社のフジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズが、米バイオ企業ノババックスが開発する新型コロナウイルス感染症向けワクチン候補の原薬製造を受託したと発表した。既に製造を開始し、今秋同社が実施予定の最大3万人規模の臨床試験(治験)に原薬を供給する。
 ノババックスはコロナウイルスの遺伝子情報を基にしたワクチン候補の作製に成功し、オーストラリアで初期段階の治験を実施中。1億人分のワクチン供給を目指している。 (C)時事通信社